古河機が上昇トレンド加速、業績増額期待で値頃感にも着目

 古河機械金属<5715.T>が上昇トレンドを強めている。削岩機などの鉱山用機械と銅精錬を主力としているが、いずれも好調。同社は前3月期業績で営業利益が従前の27億円見通しから33億6300万円に増額されたが、今期の業績見通し47億円についてもかなり保守的との見方が市場には強い。産業機械部門、ユニック部門および金属部門が順調に伸びているほか、利益面では為替差益も後押しする。EPS水準は5円程度と低いものの、200円未満の株価は短期資金の食指を動かす。今年4月初旬以来、一貫して日足下値切り上げ波動が続けているが、6月18日以降の戻り足では一度も25日移動平均線に接触することなく、戻り足に弾みがついている。

古河機の株価は14時5分現在188円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)