フェリシモが3~8月期業績見通しを修正、為替差益で最終利益1億円に増額

 衣料品や雑貨などカタログ通販大手のフェリシモ<3396.T>は5日、13年3~8月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の204億700万円から203億1000万円に減額となったが、最終利益は1800万円から1億円に増額された。売上高は予想より若干弱含んだものの、最終利益については外貨取引に対して為替の変動リスクを軽減するための為替予約を一部行っており、これによる為替差益が計上されたことによる。なお、通期見通しについては、受注状況や販売管理費の見通しなど現時点では不確定要素もあることから、前回予想を修正していない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)