<株式トピックス>=4~6月期決算に関心高まる、第2四半期累計の上方修正に期待

 5日の東京株式市場は終始買いが優勢で、後場に入ると先物主導で裁定買いが入り、日経平均株価終値は、前日比291円高の1万4309円で高値引けとなり、5月29日以来の高値水準に達した。
 6月の米雇用統計の発表を目前にして、買い手控えが予想された5日の東京株式市場が買い優勢となったのは、4日のドラギECB(欧州中央銀行)総裁発言が要因とされた。ECBはこれまで金融政策を事前に予告しないとしてきたが、ドラギ総裁は方針転換し、当面は低金利政策を続けるとした。これを受けて欧州株が大幅反発。東京市場にもリスクオンの機運が高まり、日経平均株価終値は1万4300円台を回復した。
 だだ、株価が先週後半から急ピッチの上昇をみせているのは「3月期決算企業の第1四半期(4~6月)決算への期待感が高まってる点も見逃せない」(市場関係者)というのだ。その一番の背景となっているのは、やはり外国為替市場での円相場が1ドル=100円水準の円安・ドル高での推移となっていることだという。自動車、電機、機械など主力輸出企業の年度当初の想定為替レートは、1ドル=90~95円のレンジとなっている。また、日銀短観の大企業製造業の想定為替レートを見ても、3月調査が1ドル=85.22円だったのに対して、6月調査は1ドル=91.20円となっている。
 市場関係者のあいだでは「第1四半期の決算に伴って、通期業績の上方修正は少ないものの、第2四半期累計(4~9月)業績の上方修正に踏み切る企業は案外多いかも知れない」との期待感が浮上している。
 なお、来週初8日の東京株式市場は、今週の堅調地合いを引き継いで底堅い展開が予想される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)