トーセイが急反発、13年11月期業績予想と配当予想を上方修正で

 トーセイ<8923.T>が急反発。前週末5日の取引終了後、13年11月期の連結業績見通しを従来予想の売上高370億1300万円、営業利益32億8400万円、純利益15億9700万円から、売上高349億4600万円(前期比44.4%増)、営業利益38億500万円(同33.2%増)、純利益19億300万円(同29.9%増)に利益を上方修正したことを好感。1棟販売物件の一部の売却時期を見直したことなどで売上高は下振れるものの、上期に完売した分譲マンション2案件において計画を上回る高い利益率を確保したほか、不動産ファンド・コンサルティング事業において物件売却に伴う仲介手数料などを計上したことが要因としている。また、これに伴い、従来7円を予定していた13年11月期の期末一括配当を8円にすると併せて発表している。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(12~5月)連結決算は、売上高230億9000万円(前年同期比2.3倍)、営業利益27億5200万円(同3.8倍)、純利益14億6100万円(同6.6倍)となった。

トーセイの株価は9時17分現在943円(△60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)