花王が反発、インドネシアの新工場完成に関心

 花王<4452.T>が反発。同社は5日、インドネシアにおけるケミカル事業の現地法人である花王インドネシア化学がカラワン工業団地で建設を進めていた新工場が完成し、5日に竣工式を行なったことを発表した。新工場ではシャンプーや洗剤など日用品の原料となる界面活性剤や産業化学製品を製造し、8月より順次稼働する予定で、界面活性剤の年産能力はタンブン(西ジャワ州)の現工場から移設する既存設備と合わせて現在の1.5倍に増強され、グループのなかで最大規模の工場にひとつとなる。同社の海外戦略に関心が集まるとことだ。

花王の株価は10時1分現在3395円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)