オートバックスが軟調、6月月次売上高は全店、既存店ともマイナス

 オートバックスセブン<9832.OS>が軟調。5日大引け後に6月月次売上高速報を発表、全店では前年同期比6.3%減、既存店では同8.2%減となったことが嫌気されている。単価下落により、カーナビゲーションの売上高が減少、前年の新車販売好調に伴う関連需要増の反動により、スポーツ・アクセサリーなどのも不振となっている。タイヤは低燃費タイヤの好調や、北海道における冬タイヤからの履き替え需要により、前年実績に対するマイナス幅が前月から縮小しており、7月以降の回復が待たれる。

オートバックスの株価は10時35分現在1500円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)