竹内製がマド開け急騰、為替円安を背景に戻り加速

 竹内製作所<6432.OS>が為替の円安進行を背景にマドを開けて急騰、ここにきて戻り足が一段と加速している。同社はミニショベルなど小型建機を手掛け、その商品競争力は抜群で欧米向けで高い実績を誇るが、売り上げの9割を輸出で稼ぎ出すという異色企業でもある。14年2月期は営業利益が前期比86.4%増益見通しと絶好調見通しだが、好調な北米需要から増額の公算が大きい。また、為替は足もと1ドル=101円台に入るなど一段の円安傾向にあり、同社の今期の社内設定レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円であることから大幅な輸出採算の向上期待につながっている。

竹内製の株価は11時2分現在2285円(△165円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)