京阪神ビルは大幅反落、大証が8日から日々公表銘柄に指定

 京阪神ビルディング<8818.OS>は大幅安となっている。一時、前週末比35円安の580円まで売られている。大証が5日、京阪神ビル株につて、8日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表したことを嫌気している。日証金と大証金も5日、当日午後約定分から制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う貸借取引の申し込み停止措置を実施すると発表した。ただし、弁済繰り延べ期限の来た買いの現引きは除く。
 信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が限定されるとの見方から、売りが先行している。

京阪神ビルの株価は11時15分現在589円(▼26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)