SMKが3日続伸、スマホ向け好調、GC示現で底入れ足

 SMK<6798.T>が3日続伸。5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から7月に入り底入れトレンド明示、継続的な買いが集まり始めている。同社が主力に手掛けるコネクターが、スマートフォン向けの高需要を背景に伸びている。同社に限らず、電子部品業界はスマートフォンやタブレットPCの需要が足もとの受注増加につながっており、今年度第2四半期(7~9月期)は第1四半期との比較で改善色が鮮明となる見通し。株価もこれを織り込み始めている状況だ。そのなか同社は株価300円近辺と電子部品メーカーとしては値ごろ感があるほか、PBRも0.8倍近辺と指標面からも見直し余地が大きい。

SMKの株価は11時30分現在307円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)