鉄人化計画がしっかり、第3四半期は営業利益24%減

 鉄人化計画<2404.T>がしっかりした動き。同社は8日前場引け後に、13年8月期第3四半期(9~5月)決算を発表した。売上高は74億8500万円(前年同期比7.2%増)、営業利益は3億2900万円(同24.4%減)、純利益7800万円(同68.2%減)と大幅減益になった。
 カラオケルーム運営事業が、長期化した景気低迷によるカラオケ需要の減少を背景に競争は一層激化しており、競合店の相次ぐ出店により厳しい経営環境下にある。13年8月期においては、年末年始の最繁忙期を含む前半に厳しい業績結果となったとしている。
 なお、13年8月期通期予想は100億4100万円(前期比7.3%増)、営業利益は4億2200万円(同20.7%減)、純利益1億1600万円(同33.3%減)を据え置いている。

鉄人化計画の株価は14時13分現在460円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)