新興市場(大引け)=ジャスダック平均は小幅反落、マザーズ指数は小幅続伸

 8日の新興市場ではジャスダック平均は小幅反落、マザーズ指数は小幅続伸した。
 日経ジャスダック平均は前週末比2円28銭安い1861円77銭で引けた。リプロセル、ドーンが続落し、DWTIや三光合成、アイレップ、テラ、エスプールは急反落した。一方でインデックス、アイル、ガーラ、IGポート、プロパスト、アイ・エム・アイがストップ高で引け、MAGネットHD、ブロードメディアが続騰した。
 東証マザーズ指数は前週末比5.65ポイント高い771.46になった。DDS、リアルコム、アクロディア、マルマエ、地盤ネット、パシフィックネット、ファーマフーズがストップ高で引け、日本ファルコムは続騰、ウォーターDも急反発した。半面でキャンバスやインスペック、アルデプロ、メディネットが続落し、メディアシーク、ドリームバイザーは反落した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)