◎欧米外為市場サマリー

 8日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=100円95~101円05銭と前週末に比べ20銭の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=129円90~130円00銭と同10銭強の円高・ユーロ安だった。   ドルが他の主要通貨に対して下落、騰勢一服となった。前週末に大幅に円安・ドル高が進行した反動もあり、ひとまず利益確定の円買い・ドル売りが優勢となった。
 円は、対ユーロで3営業日ぶりに小幅反落した。 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.2869ドルと前週末に比べ、利益確定目的のユーロ買い・ドル売りが目立った。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)