明日以降のイベントを前に動きづらい?

明日以降のイベントを前に動きづらい?
本日の予想レンジ:100.00 - 101.70円
昨日、ドル/円は朝方に101.53円まで上昇するも一時的となり、その後はじり安で推移。NY市場にて100.78円まで値を下げており、前週末の米6月雇用統計を好感したドル買いが一服している。
本日は日米で目玉となる経済イベントが見当たらず、明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録や連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長講演、明後日の日銀金融政策決定会合に市場の関心が移るようならば、これらを極めたいとの姿勢から、ドル/円は大きな方向感が出にくいと考えられる。上昇した場合でも昨日高値(101.53円)を突破するのは難しいと見る一方、前週5日の米6月雇用統計発表直前の水準(100.10円前後)が一旦は下値を支えそうだ。