オリックスFは続落、SMBC日興証は投資判断を「1」に引き上げ 

 オリックス不動産投資法人<8954.T>が続落。SMBC日興証券は8日付のリポートで投資判断を従来の「2」から「1」に引き上げたものの、目標株価は14万5000円から13万8000円に引き下げた。
 リポートでは「目標投資口価格は想定するターゲット東証REIT(不動産投資信託)指数(1550ポイント)及び分配金利回りなどを用いて他の大型及び中堅オフィス型REITとの相対比較などにより算出。公募増資と物件取得による業績予想変更についてはポジティブに捉えている。今後は13年1月に資産運用会社の代表取締役に就任した西尾裕氏のもと、健全な外部成長期待銘柄として継続的な物件取得による収益強化で一口当たり分配金の向上に期待する」としている。

オリックスFの株価は10時18分現在11万2600円(▼1000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)