コマツ、日立建機が反発、中国CPIはコンセンサス上回る

 コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>がいずれも堅調。両銘柄とも中国向け売上比率が高く中国関連株の代表格に位置付けられているが、きょう取引時間中に発表された中国の6月のCPI(消費者物価指数)は2.7%の上昇で市場コンセンサスを上回った。これを受けて上海株式は反発するなど中国経済に対する目先の不安心理がやや後退しており、コマツ、日立建機いずれも買い戻しが優勢となった。

コマツの株価は10時41分現在2312円(△55円)
日立建機の株価は10時41分現在2077円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)