新興市場(前引け)=ジャスダック平均は小幅続落、マザーズ指数は反落

 9日午前の新興市場ではジャスダック平均は小幅続落、マザーズ指数は反落した。
 日経ジャスダック平均は前日比89銭安い1860円88銭で引けた。PSS、免疫生物が続落し、ADワークスやアンドール、ガンホー、MAGネットHD、ガーラは急反落した。一方でインデックス、日本一ソフトがストップ高に買われ、クラスターテクノ、イナリサーチ、イデアインター、セレスポは続騰、NFK-HDも反発した。
 東証マザーズ指数は前日比13.09ポイント安の758.37になった。ドリコムが続落し、マルマエやJMNC、パシフィックネット、ジーンテクノ、ユナイテッドは大幅に反落した。半面でアウンコンサル、DDS、ファルコムがストップ高、ファーマフーズ、JAMは続騰し、カービューも反発した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)