イオンモールは反発、三菱UFJMS証は目標株価を3050円に引き上げ

 イオンモール<8905.T>が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は8日付リポートで投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価を従来の2700円から3050円に引き上げた。
 リポートでは「14年2月期第1四半期営業利益は109億円(前年同期比11%増)と、上期計画200億円に対して順調。既存55SC(55カ所のショッピングセンター)の売上高は、家電など大型専門店が伸び悩み、前年同期比0.3%減と上期計画(同4%増)を下回ったが、歩合賃料に連動する衣料品、飲食等は堅調。前年同期が同10.6%増と高かったことを考慮すれば、堅調な印象。また、14年2月期計画・当証券予想には、グループREIT(不動産投資信託)のIPO(株式公開)の影響を織り込んでいないが、会社は情報提供覚書締結により、簿価655億円の売却を検討」としている。

イオンモールの株価は12時43分現在2543円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)