野村HD、大和証Gなど証券株が後場人気に、業種別値上がりトップ

 野村ホールディングス<8604.T>、大和証券グループ本社<8601.T>を筆頭に、後場に入り全体指数の上昇加速に合わせて証券セクターが大きく買われた。14時10分現在、業種別騰落率で証券は全33業種中トップに買われている。前日の欧米株が軒並み上昇し、世界的な流動性相場の様相が再度強まる中で、その象徴株として買いを集めている。売買代金もひと頃には及ばないものの2兆円以上の水準が定着しており、個人投資家資金の市場回帰が観測される中、株式売買手数料や投資信託需要の拡大などによる収益貢献期待が株高に映し出されている。

野村HDの株価は14時22分現在815円(△26円)
大和証Gの株価は14時22分現在909円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)