協和キリンは堅調、野村証が目標株価を1100円に引き上げ

 協和発酵キリン<4151.T>は堅調。一時、前日比34円安の1145円まで買われている。野村証券が8日付のリポートで、投資判断「ニュートラル」を継続しながら、目標株価を従来の1000円から1100円に引き上げている。
 リポートでは「13年12月期は、EPO製剤ネスプの在庫調整、抗体医薬抗がん剤ポテリジオの軟調に加え、導出していた抗がん剤チボザニブが承認不可となったため業績予想を引き下げた。ただし5月に発売したパーキンソン病治療薬ノウリアストと糖尿病治療薬のDPP-4阻害剤オングリザは、従来想定より好調に推移すると考え、中長期の業績予想を引き上げた」としている。

協和キリンの株価は14時27分現在1140円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)