PS三菱が上値追い継続、高値期日明けで新波動意識

 ピーエス三菱<1871.T>が上値追い継続。国土強靭化のテーマでは、橋梁やトンネルの潜在的な補修需要が高水準であり、参院選後のアベノミクス本格始動では関連企業への物色の矛先が改めて強まる可能性がある。その中で「同社株は仕手系色の強さもさることながら、コンクリート橋梁トップの実績が注目されている」(中堅証券営業体)という。今年1月8日に年初来高値635円をつけているが、日柄的にも高値期日明けとなることで短期筋のマークが強まっている。

PS三菱の株価は14時36分現在436円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)