ダイセキSは14年2月期業績予想を上方修正、土壌調査などが伸長

 ダイセキ環境ソリューション<1712.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の連結業績見通しを従来予想の売上高81億2900万円、経常利益6億5000万円から、売上高83億2900万円(前期比10.9%増)、経常利益7億2000万円(同19.9%増)に上方修正した。第1四半期において首都圏を中心に不動産の動きが活発化してきたことで主力の土壌調査・処理事業が伸長したことに加えて、受注案件の前倒し進行などが寄与して売上高・利益を押し上げており、これが上振れ要因となるとしている
 なお、同時に発表した第1四半期(3~5月)決算は、売上高25億5300万円(前年同期比26.2%増)、経常利益2億9700万円(同44.5%増)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)