アキナジスタは今14年3月期業績予想を開示するとともに上場廃止を発表

 アキナジスタ<2495.SP>は9日取引終了後に未定としてきた今14年3月期業績予想を開示するとともに、10日付で札幌証券取引所から上場廃止が決定されると発表した。今期もスマートフォン広告の売上げ拡大が見込めるとして、通期の売上高は11億円、経常利益5000万円を予想。同社株は4月1日から上場廃止猶予期間銘柄として監理銘柄に指定されていたが、上場審査申請期日のきょう9日までに申請ができなかったことで上場廃止が決定、あす10日から整理銘柄に指定され、8月11日に上場廃止になる。