ダイトの前5月期は前の期並み確保し期末一括配当を引き上げ

 ダイト<4577.T>が9日取引終了後の発表した前13年5月期決算の連結売上高は前の期比6.6%増の289億5600万円、経常利益1.2%減の25億4100万円になり、期末一括配当を前回の25円から30円に引き上げた。ジェネリック医薬品向け原薬の販売が順調に推移、為替差損の発生で経常利益は若干の減益になったが、ほぼ前期並みを確保した。今後は競争が厳しくなるものの、ジェネリック医薬品の拡大が続き、今14年5月期の売上高は前期比7.1%増の310億円、経常利益6.3%増の27億円を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)