10日の株式相場見通し=外国人買い攻勢で続伸、マザーズに2社新規上場

 10日の東京株式市場は、日経平均株価が続伸となりそうだ。外国人投資家からの日本株買いが積極化していることに加え、中国リスクがやや沈静化してることなどが追い風となる。9日の米国株式は、4日続伸となった。NYダウ平均株価は、前日比75ドル高の1万5300ドル。外国為替市場では。1ドル=101円10銭台でのやや円安傾向での推移となっている。
 東証マザーズ市場に、衣料品・雑貨のインターネット販売、玩具の卸売販売などを手掛ける夢展望<3185.T>と、インターネットを活用した写真販売サービスを行うフォトクリエイト<6075.T>の2社が新規上場する。 
 日程面では、11日まで開催される日銀の金融政策決定会合に関心が集まる。市場関係者からは「株価、円相場ともに戻り歩調にあり、何らかの追加的な金融緩和に踏み切る可能性は小さい」との見方が出ている。そのほかでは、6月の企業物価指数、6月の消費動向調査に注目。海外では、6月の中国貿易統計が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)