ハーモニックが反発、第1四半期受注高の回復傾向を好感

 ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.OS>が9日の取引終了後、第1四半期の受注高を発表。減速装置とメカトロニクス製品を合わせた合計で46億4700万円(前年同期比1.8%減、前四半期比14.0%増)となり、回復傾向にあることが好感されている。前年同期比では産業用ロボット向けや石油掘削装置向けが減少したが、フラットパネルディスプレー装置向けが増加。一方、前四半期比では、フラットパネルディスプレー製造装置向けや半導体製造装置向け、産業用ロボット向け、モーターメーカー向けギアヘッドなど主要用途全般が増加したとしている。

ハーモニックの株価は9時20分現在1932円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)