大陽日酸が続伸、がん診断薬向け原料生産能力を倍増と報じられる

 大陽日酸<4091.T>が続伸。きょう付の日本経済新聞で、15年3月をメドに、がん診断薬の原料となる水の生産能力を倍増すると報じられたことを好感。記事によると、約30億円を投じて山口県周南市に新工場を建設し、陽電子放射断層撮影装置(PET)に使う特殊な水を増産するという。今後アルツハイマー病診断にも使われ、市場が急拡大するとみられることから、増産により需要を取り込むのが狙いのようだ。

大陽日酸の株価は9時18分現在725円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)