タツタ線が大幅高、スマホ出荷好調で電磁波シールド需要拡大

 タツタ電線<5809.T>が大幅高で4ケタ大台回復を視野に捉えている。電子情報技術産業協会と情報通信ネットワーク産業協会が9日発表した5月の国内メーカーのスマートフォン出荷台数は前年同月比で74.2%増と、3カ月ぶりに大幅プラスに転じた。電磁波シールドフィルムが収益の主柱とする同社は、スマホ向けなどで世界シェア約9割を占めており、足もとのスマホ出荷好調を刺激材料に大きく買いを集めている。携帯電話に比べ、スマホは高機能化に伴う電子機器の搭載数が多く、電磁波シールドの面積ベースでも約3~5倍に拡大し、その分同社にとっての収益恩恵も大きくなる。

タツタ電線の株価は9時34分現在985円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)