大黒天が反落、競争激化による利益率低下を警戒

 大黒天物産<2791.T>が反落、株価は前日比149円安の2701円まで売り込まれた。前日取引終了後の発表した前13年5月期決算の連結売上高は前の期比17.4%増の1146億1000万円と大幅増収ながら、経常利益は0.5%増の46億4900万円と小幅増益にとどまったことで、競争激化による利益率の低下が警戒されたようだ。直近安値から前日高値まで約14%上昇し、5月につけた年初来高値2868円に迫っていたこともあって買いは手控えられている。今14年5月期の売上高は前期比4.1%増の1192億5000万円、経常利益4.1%増の48億4000万円と小幅ながら増収益を予想している。

大黒天の株価は9時48分現在2745円(▼105円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)