群栄化学が一時ストップ高寸前、3Dプリンター関連で買い集める

 群栄化学<4229.T>が大幅高、一時ストップ高寸前の633円まで買われた。同社は産官学の連携による3Dプリンターの開発計画では鋳型の材料開発で参加すると伝えられており、市場では関連株の最右翼として注目度が高い。ただ、同銘柄の場合は仕手系色が強く、最近は特定資金を背景とした需給思惑のほうが前面に押し出されている。「ここにきて同じ材料株物色の柱とみられていたカーバイドからの物色資金のシフトが観測される」(中堅証券)という指摘も。信用取組は売り買いの厚みではカーバイドに及ばないものの、信用倍率は1.04倍と売り買いがっぷり四つで、需給妙味を映し出している。

群栄化の株価は10時35分現在614円(△80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)