中国電は反落、SMBC日興証は目標株価を1600円に引き上げ

 中国電力<9504.T>が反落。SMBC日興証券は9日付のリポートで投資判断「2」を継続、目標株価を1100円から1600円に引き上げた。 
 リポートでは「当証券では、14年3月期の予想経常損益を前回の209億円の赤字から596億円の赤字へ下方修正する。主因は、為替前提の円安修正に基づく燃料費の増大である。同様の理由から15年3月期の予想経常損益を前回の98億円の赤字から411億円の赤字へ下方修正する。新たに加えた16年3月期の予想経常損益は販売回復や経費削減から前期比57億円改善の354億円の赤字を予想する。また、同社の主なリスク要因は、島根原子力発電所の再稼働が大幅に遅れること、為替や燃料費の変動など」としている。

中部電の株価は10時55分現在1580円(▼25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)