☆ドル/円:MAを割るまでは、引き続き「押し目」を探る展開

■【日足ベース展望】(ドル/円)
-----------------------------------------------------

■昨夜のNY市場は、極端にポジションを傾ける動きも
なく、101円を挟んだ展開が続いています。

日足チャートも、十字足を形成していることで、市場は
「上」、「下」どちらか迷っている感があります。

また、8時間足チャートを確認してみると「三角持合い」を
形成していることから、今後大きく動く可能性は
あると考えています。

■市場参加者の多くは、バーナンキ議長の講演、FOMC
に注目しており、その結果次第といったところですが、
現状のテクニカルから、手がかりを探ってみます。

■日足チャートでの移動平均線(10期間)は依然として
「上向き」、また現在レートも10期間移動平均線を
上回って推移していることから、「押し目」を
拾っていく方針が無難だとみています。

しかし、現在の日足チャートでは、「押し目」のポイント
が探りにくい為、1時間足等のオシレータを使って
一時的な売られ過ぎ局面を狙っていくことも考慮
していきたいと考えています。