大阪株式(前引け)=修正平均、2部とも続伸

 10日前引けの大阪株式市場は修正平均で前日比133円41高の2万3439円57銭と続伸。
 ローランドとシマノが反発、新晃工業が4日続伸、新日本理化、大紀アルミ、TOWAが続伸となり、オートバックスや参天薬なども高い。半面、住友林業が反落、穴吹興産、小林産、エフピコなども安い。
 2部修正平均も前日比38円25銭高の5081円96銭と続伸。
 ムーンバットが5日続伸、技研製作は9日続伸、フジコピアンや森組、アサヒ衛陶なども高い。半面、原弘産が3日続落、南海辰村、星和電機、日本ケミカルなども軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)