<後場の注目銘柄>=SMK、スマホ恩恵で業績急回復

 SMK<6798.T>は追撃買いで対処。同社が主力とするコネクターが、スマートフォン向けに好調だ。

 電子部品業界はスマートフォンやタブレットPCの需要が足もとの受注増加につながっており、今年度第2四半期(7~9月期)は第1四半期と比べ改善色が鮮明。同社もその恩恵を享受する。今3月期最終損益は14億円予想と3期ぶりに赤字から脱却する見通し。0.8倍台のPBRも見直し余地がある。

 株価は昨年11月以降、下値切り上げ波動を形成している。6月は260~290円のゾーンで売り物をこなす展開だったが、7月は5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から上放れの動きを見せ始めており、この流れにつきたい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)