丸山製が急騰、TPPとシェールガスをテーマに人気再燃

 丸山製作所<6316.T>が急騰。材料株物色の地合いの中で個人投資家など投機色の強い短期資金のターゲットとなっている。政府は成長戦略の一環として日本のTPP交渉参加に舵を切ったが、その中で安倍首相は農業の競争力強化に改めて言及しており、今後10年間で農業所得を倍増させる方針を表明している。同社は防除機大手で売上高全体の約7割を農家向けが占めていることから、収益機会拡大への期待が大きい。また、エネルギー革命とまで言われ、米国で加速する「シェールオイル」の開発・増産に絡んで、同社が手掛ける工業用高圧ポンプの需要が増勢にあり、これも株高思惑を誘っている。

丸山製の株価は14時2分現在296円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)