創通が13年8月期業績予想と期末配当予想を上方修正

 創通<3711.OS>がこの日の取引終了後、13年8月期の連結業績見通しを従来予想の売上高200億円、経常利益30億円から、売上高205億円(前期比12.9%増)、経常利益32億円(同13.8%増)に期中2度目となる上方修正を発表した。中核のアニメ事業や、キャラクターグッズの販促・プロモーション事業が順調に推移していることに加えて、ソーシャルゲームの広告・プロモーションが予想を上回り、その版権収入についても予想の上振れが見込まれることが要因。また、業績予想の修正に伴い、従来30円を予定していた期末一括予想を60円(前期45円)にすると発表した。
 同時に発表した第3四半期累計(9~5月)連結決算は売上高171億8800万円(前年同期比25.4%増)、経常利益28億8200万円(同19.5%増)となった。アニメ事業の好調に加えて、「ガンダム」シリーズの版権収入が拡大するなどして売上高・利益を押し上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)