ディスコが続伸、第1四半期営業益6割増の45億円と過去最高水準に並ぶと報じられる

 ディスコ<6146.T>が続伸。きょう付の日本経済新聞で、第1四半期(4~6月)の連結営業利益が前年同期比約6割増の45億円前後になり、過去最高だった00年(44億円)に並ぶ水準になったようだと報じられたことを材料視。記事によると、スマートフォンなど携帯端末に使う半導体や電子部品の需要増を追い風に製造装置の販売が伸びたほか、利幅の大きい消耗品も好調だったという。また、足元の引き合いも台湾メーカーを中心に活発なもようでこのまま好調な受注を維持できれば、14年3月期通期の業績は上振れる公算が大きいとも報じている。

ディスコの株価は9時21分現在6640円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)