旭硝子が続落、1~6月期営業利益の3割減観測を嫌気

 旭硝子<5201.T>が続落。株価は一時、前日比17円安の639円まで売られた。11日付の日本経済新聞が「2013年1~6月期の連結営業利益は前年同期比約3割減の350億円程度になったようだ」と報じており警戒感が広がった。欧州での建築用ガラスの販売不振に加え欧州向け自動車用ガラスが伸び悩んでおり、13年12月期業績の下振れ懸念も伝えられている。ただ、売り一巡後は下値に買いが流入し下げ幅を縮小している。

旭硝子の株価は10時7分現在651円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)