日本高純度は続落、いちよしはフェアバリューを20万円に引き下げ

 日本高純度化学<4973.T>が続落。いちよし経済研究所が10日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の23万円から20万円に引き下げた。
 リポートでは「同社の強みとする金・パラジウムめっき分野は、めっき素材価格の高止まりにより、めっき薬品の使用量が減少。スマートフォンやタブレット向けに使用している半導体パッケージのハイエンド向けは大きな影響が無いが、ミドルエンド向けではこの動きが顕著になっている模様である。今後会社側は、従来から主力事業としている金・パラジウム以外の貴金属めっきへの進出を図っていく方針であり、この効果に期待したい」としている。

日本高純度の株価は10時11分現在19万9400円(▼500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)