群栄化は朝高後上昇幅を縮小、東証が11日から日々公表銘柄に指定

 群栄化学工業<4229.T>は、朝高後上昇幅を縮小している。一時、前日比56円高の690円まで買い進まれたが、その後は伸び悩みの展開。東証が10日、11日から群栄化株を日々公表銘柄に指定すると発表した。前日10日は、〝3Dプリンター関連銘柄として〟ストップ(100円)高まで買い進まれていた。信用取引の規制強化に伴って売買の自由度が制限されるとの見方があるなかで、売り買いが交錯している。

群栄化の株価は10時20分現在651円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)