新興市場(前引け)=ジャスダック平均は小幅続落、マザーズ指数は反発

 11日午前の新興市場ではジャスダック平均は小幅続落、マザーズ指数は反発した。
 日経ジャスダック平均は前日比80銭安い1863円20銭で引けた。レイやIPS、イナリサーチ、JACRが続落し、日本一ソフト、JINは反落。一方でインデックス、システムディ、東京リスマチック、アビックスがストップ高に買われ、クリムゾンや夢みつけ隊、クラスターテクノも値を飛ばした。
 東証マザーズ指数は前日比13.31ポイント高の762.55になった。DDS、ディップがストップ高をつけ、インフォテリア、ユナイテッドは続騰、モルフォ、ピーエイは反発した。半面でFastep、ケアネットが続落し、エストラスト、DNAチップは急反落、前日上場した夢展望も売られた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)