<前場の注目銘柄>=トーセイ、主力3事業揃って順調推移

 トーセイ<8923.T>はリバウンド狙いで臨みたい。7月5日に13年11月期の連結業績見通しを営業利益で従来予想の32億8400万円から38億500万円(前期比33.2%増)に上方修正したが、これは上期の上振れを上乗せしただけのもので、下期は従来計画を据え置いている。

 しかし、足もとで主力3事業の不動産流動化、開発、ファンド・コンサルティング事業がそれぞれ順調に推移。不動産流動化では大型のビルの売却が進んでいるほか、不動産開発ではマンション販売が好調に推移している。

 また、不動産ファンド・コンサルティングでも売却などにかかわる仲介手数料が増加している。再増額修正の可能性は濃厚だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)