酒井重が急伸、中低位材料株物色の流れ波及

 酒井重工業<6358.T>が急伸、5日移動平均線を足場に一気に上放れており、5月24日以来の300円台が目前。アベノミクスは脱デフレを主眼に公共事業を増額する方針を打ち出しており、道路整備需要の拡大期待から、ロードローラー最大手で国内シェア7割を誇る同社に見直し買いの動きが加速している。材料株として急騰習性もあり、中低材料株物色の盛んな現在の地合いにマッチする銘柄としてにわかに短期筋の攻勢に厚みが加わっている。

酒井重の株価は12時34分現在296円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)