リンガーハットの第1四半期営業利益は74%増、低価格戦略が奏功

 リンガーハット<8200.T>が11日発表した2014年2月期第1四半期(3~5月)の連結業績は、売上高が前年同期比7.5%増の91億5800万円、営業利益は同74.8%増の4億2100万円と大幅な増収増益だった。長崎ちゃんぽん事業では500円の「海鮮とくちゃんぽん」や390円の「夏とく冷やし麺」といった低価格商品が堅調。とんかつ浜勝を展開するとんかつ事業も690円ランチメニューなどが売り上げを伸ばした。増収によるコスト増の吸収で大幅増益を記録した。
 2014年2月期の売上高は365億円(前期比4.1%増)、営業利益は17億円(同25.6%増)が見込まれている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)