今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は?
ドル/円相場は早朝に98.20円台を付けた後、99.60円台まで値を戻しました。しかしその後、再び98.20円台まで値を下げて反発するなど、値動きの激しい展開が続いています。この後の動きについて、予定されているイベントを確認しながら考えてみましょう。

7/11(木)
17:30  (ユーロ圏) クーレECB理事、講演
17:30  (英) マイルズ英MPC委員、講演
21:30☆(米) 7/6までの週の新規失業保険申請件数
21:30  (米) 6月輸入物価指数
21:30  (加) 5月新築住宅価格指数
24:00☆(米) タルーロFRB理事、議会証言
26:00  (米) 30年債(130億ドル)入札
27:00  (米) 6月月次財政収支
※☆は特に注目の材料

昨日のバーナンキFRB議長の発言があり、急激に動いた直後ですので、タルーロFRB理事の議会証言にも注目です。また、米新規失業保険申請件数も毎週の通り注目されます。