<株式トピックス>=〝円高・株安〟の連動が緩やかになったのは本当か

 11日の東京株式市場は、日本時間早朝に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事要旨の内容から、FRB(米連邦準備制度理事会)の量的緩和の早期縮小に対する見方が後退するとの受け止めが広がり、外国為替市場で1ドル=98円台半ばへと急速な円高が進行した。しかし、円高・ドル安進行にもかかわらず、後場なかごろからは株価指数先物主導で、全般買い優勢となり日経平均株価終値は、前日比55円高の1万4472円と反発した。
 市場関係者からは「日経平均株価と円相場の連動性が、5~6月に比べて7月に入ってからは、やや緩やかになっているような印象を受ける。それは、市場参加者の多くが円・ドル相場の今後について、〝中期的には円安・ドル高が進行する〟という感覚を共有しているからではないか」との声が出ている。
 日本時間10日午後2時前の1ドル=101円台からほぼ24時間後の11日午後2時ごろには1ドル=98円台半ばへと、1日で一気に2円50銭程度の円高が進行したにも関わらず、日経平均株価はほぼ同じ水準に止まっていたことになる。
 もし、本当に中期的な円安・ドル高のトレンドが継続すると仮定すれば、米国景気の好転と円安・ドル高進行のダブルメリットが想定されるホンダ<7267.T>、ブリヂストン<5108.T>、富士重工業<7270.T>、大塚ホールディングス<4578.T>といった米国での売上構成比率の高い企業が注目されそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)