◎欧米外為市場サマリー

 11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円95~96銭と前日に比べ70銭弱の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=129円57~61銭と同20銭強の円安・ユーロ高だった。 
  この日発表された米新規失業保険申請件数(前週分)は36万件と市場予想(34万件)に比べ弱い内容となり円買い・ドル売りの流れを強める方向に働いた。NYダウは史上最高値を更新したものの、米国の量的緩和の縮小時期に不透明感が強まっていることから、ドル買いポジションの調整が続き99円前後の円高・ドル安水準での売買が続いた。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3095~96ドルと前日に比べ 0.0119ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)