ガンホーは堅調、いちよしはフェアバリューを13万1000円に引き上げ

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>が堅調。いちよし経済研究所が11日付のリポートで投資判断「A」を継続、フェアバリューを従来の11万9000円から13万1000円に引き上げた。
 リポートによれば「主力のスマートデバイス向けパズル型RPG(ロールプレイングゲーム)の『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』は13年6月29日に累計1600万ダウンロード(DL)を突破し、予想を若干上回るペースで推移している。また、韓国でも7月1日に累計100万DLを達成し、14年12月期以降の収益拡大の一端を担えるメドが立ったと判断。最近では通話・メッセージアプリ『LINE』が、ユーザー時間のシェアの面で『パズドラ』のライバルとして台頭しつつある。しかし、このことは今後のスマートデバイスの普及の再加速につながり、『パズドラ』のダウンロード数や売上高の拡大に好影響をもたらす面も少なくない」としている。

ガンホーの株価は9時23分現在10万4200円(△2200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)