淀川鋼が反発、市川工場での火災事故も悪材料視されず

 淀川製鋼所 <5451.T>が反発。11日の大引け後には、7月10日午後11時10分頃に千葉県の市川工場で火災事故が発生したことを発表しているが、人的被害は無かったことから、悪材料視されていない。建材向けのめっき鋼板は円安から輸出が回復しており、今3月期は通期連結営業利益で62億円(前期比70.8%増)を計画、市川工場の被害額は現時点では不明ながら業績への不安はない。

淀川製鋼所の株価は9時59分現在418円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)