パイオニアは軟調、払い込み完了済みで訂正高妙味も

 パイオニア<6773.T>が軟調。6月27日の直近安値172円示現後は値戻しの展開となっていたものの、7月8日の戻り高値214円示現以降は売り物に押される展開。三菱電機<6503.T>、NTTドコモ<9437.T>への第三者割当増資(価額194円)の払い込みが6月28日に完了しており、「ファイナンス明けから水準訂正が期待できる動きになるのではないか」(市場筋)との見方がある。2社との関係緊密化は今後収益面にプラスに作用する方向性にあることに加え、PBRは解散価値を下回る0.8倍台。株価も200円近辺は下値のフシとなっている。

パイオニアの株価は13時23分現在201円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)