リブセンスが急反発、今12月期業績予想の上方修正と貸借銘柄指定で買い気強まる

 リブセンス<6054.T>が急反発。11日取引終了後に集計中の今13年12月第2四半期(1~6月)と通期業績予想を上方修正するとともに、19日から貸借銘柄に指定されると発表したことで一気に買い気が強まった。第2四半期は前回の売上高15億2800万円を21億100万円、経常利益7億700万円を9億3100万円、通期は売上高33億700万円を41億8200万円、経常利益15億1000万円を15億1800万円に増額修正。Webプロモーションによる効果でアルバイト求人サイトと転職求人サイトの収入が計画を上り、利益も上振れる見込み。ただ、戻り売り圧力が強く、前日比800円高の6140円と高寄りした後は上げ幅を縮めている。

リブセンスの株価は13時47分現在5540円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)